config.phpの分割に挑戦 その1

SEO-P-linkのconfig.phpには、個々のSEO-P-linkの各種設定事項を記述するようになっている。
例えば、VER3.1の場合は、サイト名等の設定以外に以下の項目がある。
■// 登録サイトがトップページに相互リンクを設置してくれた場合、// 各カテゴリで優先に上位表示する// 値が 0=しない 1=する define(list_data_m1 , 1);
■// ゲスト登録可の各カテゴリ1ページあたりの表示件数 define(list_page , 20);
■// ゲスト登録不可の各カテゴリ1ページあたりの表示件数// こちらが相互リンクを設置して、申請する際に使いますdefine(list_page_admin , 100);
■// 説明文の長さ制限(全角**文字以内) define(captionlimit , 100);
■// 説明文の改行制限(行**文字以内) define(rawlimit , 3);
■// サイト名の長さ制限(全角**文字以内) define(namelimit , 25);
■// URLの長さ制限(半角**文字以内) define(urllimit , 80);
■// トップページの新着表示件数  define(new_list , 20);
■// RSSの表示件数 define(rss_list , 20);
■// 管理画面の最新ニュース表示(iframeによる公式サイト読み込みになります) // セキュリティーを気にされる場合は「0=しない」にしてください。  // 値が 0=しない 1=する define(admin_news , 1);
■// 管理画面でページランクを表示するか // セキュリティーを気にされる場合は「0=しない」にしてください。 // 値が 0=しない 1=する define(pagerank , 1);
■// 管理画面で管理人登録サイトのリンクチェックを行うか // 値が 0=しない 1=する define(admin_linkcheck , 0);
■// 管理画面で「リンクチェック更新」を押した際に一度に相互リンクチェックする数 define(admin_linkcheck_number , 10);
★// NGHOST(拒否したい登録者のホストの一部、又は全部を半角の「,」で区切って指定) // 良くわからない場合は設定をいじらないでください。 define(nghost , “spammail.com,spambot.com”);
★// NGHOST(拒否したい登録者のIPアドレスの一部、又は全部を半角の「,」で区切って指定) // 良くわからない場合は設定をいじらないでください。 // 例 : 127.0.0,192.168 等 define(ngipaddr , “000.000.000.000,000.000.000.001″);
★// NGワード(説明文に使われたくない言葉を、半角の「,」で区切って指定) define(ngword , “氏ね,死ね,ばか”);
★// NGサイト名(拒否したいサイト名の一部、又は全部を半角の「,」で区切って指定) define(ngname , “有限会社スパム,迷惑ドットコム”);
★// NGURL(拒否したいURLの一部、又は全部を半角の「,」で区切って指定) define(ngurl ,”XXX.com,yyy.net”);
■// 登録リストファイル(通常は変更の必要はありません) define(listfile , “./data/list.dat”);
■// カテゴリーファイル(通常は変更の必要はありません) define(categoryfile , “./data/category.dat”);
ここで、■印をつけた項目はSEO-P-Linkの設定が落ち着いてしまえば、ほとんど再設定することは無いだろうと思われる。
★印をつけた項目は、スパムサイトの排除等に使用するので、特にSEO-P-Linkを複数所有する場合は、かなり面倒な作業であろう。
というわけで、通常のconfig.phpには、サイト固有の設定+■印の項目をぶち込んで、★印の項目については第2ののconfig.phpを作って、必要な時に自動で書きしたらどうかとのアイデアが浮かんできたのだ。(自動で!・・・筆者は100サイト近いSEO-P-Linkを管理しているので・・・)
その2に続く

カテゴリー: SEO-P-Linkプチ改   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>